🍀日本人が間違えやすい英会話⑧ 英語の社交辞令「someday」は永遠に来ない?😲🍀


こんにちは、NOVA川崎校です。

水曜日のブログに引き続き、本日も日本人が間違えやすい英会話を、ご紹介してまいります。第8回目は・・・ 🦔英語の社交辞令🦔です。

英語は直接的な表現と思われがちですが、実際は相手に失礼にならないように婉曲的な表現がたくさん使われます。本日は社交辞令表現をご紹介します。Shane、Marshal、Gailが社交辞令のお誘いと、本当に会いたい友達へのお誘いの表現の違いを教えてくれました。


💡社交辞令のお誘い表現💡
 A: We should meet up someday. / We should get together sometime. – (unlikely to meet up)
*possible responses:
 B①: - That sounds nice. (This person may also not want to meet up.)
B②: - Oh okay, when are you free? (This person sounds like they are interested in meeting up; therefore, you can reject politely by saying “Ahhh, I’m kinda busy at the moment.” – They should get the hint here.)

A:「今度遊びに行きましょう。」
*予想される返答
B①:「いいですね。」→社交辞令と分かっている。B①さんも行く気がない。
B②:「いつ空いている?」→B②さんは社交辞令と受け取ってないので、Aさんに行く気がなければ「今はちょっと忙しいんだ。」等と言って、お誘いが社交辞令であることを匂わせないといけない。

💡友達へのお誘い表現💡
A: When are you free?
B: How about next Saturday night?
A: Sounds good!

具体的に「いつ空いてる?」と聞いて日程を決めるのが、本当に行きたい合図だそうです。「We should meet up someday.」のフレーズが100%社交辞令というわけではないようですが、具体的な日程が出なければ日本語と同じように「今度(someday)」は来ない可能性が低いようです😢。空気を読むコミュニケーションは英語でも大切なのですね😲。

NOVAの講師は全員ネイティブスピーカーの外国人なので、こういう細かなニュアンスもちゃんと教えてもらえます😊

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*
川崎駅エリア・川崎区・幸区・大田区・鶴見区で、大人・子ども英会話レッスンをお探しならNOVA川崎校。JR川崎駅・京急川崎駅どちらからもアクセス可能。対面レッスン・オンラインレッスンどちらも選べます。
🌼無料体験のご予約はこちら👇から

∩ ∩
( ´ θ ` )/ 
NOVA 川崎校
🌼〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子1-7-1 DK.Kawasakiビル2F
🌼フリーダイヤル:0120-324-929
🌼NOVA川崎校:044-244-4711
🌼川崎校ブログ:👉こちらをクリック
*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

NOVA å·å´Žæ ¡ï¼ˆç¥žå¥ˆå·çœŒï¼‰æ ¡èˆŽãƒšãƒ¼ã‚¸ã¯ã“ちら >>