☆イディオムで表現の幅を広げましょう☆

こんにちは!NOVA草加校でございます☆彡
梅雨らしい湿気の多いお天気が続いておりますね><皆様いかがお過ごしでしょうか?
時々やってくる梅雨寒もあり、体調を崩しやすい季節ですが風邪などひかないよう気をつけましょう☆

さて、本日はNOVAで人気の書籍、
「英語のイディオムを楽しく身に付けて頂ける本」をご紹介(*^-^*)!!

よく知っているあの単語・・・
イディオムとして使われると全く別の意味が生み出されるのです☆
こちらの書籍では、そんなイディオムを楽しく身に付けて頂けます!!!
英語の新しい魅力に気付くきっかけとなるかもしれません♡

★イディオムクイズ★
次のイディオムにはどのような意味があるでしょうか??

Q1. drop the ball
Q2. jump the gun
Q3. keep track of

答えは下に☆
↓↓↓↓↓

Q1の答え
→失敗する。
アメリカの2大スポーツであるフットボールと野球においてボールを落とすことやコントロールが狂うことは大きな失敗だと考えられいます。そのことから「drop the ball」は「失敗する」ということを意味するようになったようです。
Example!
He never drops the ball when we’re working on a project.
(彼は一緒にプロジェクトに取り組むと絶対に失敗しないね。)

Q2の答え
→早まる。
陸上競技などで、スタート合図の発砲の前に飛び出すことを「フライングする」と言いますが、これは和製英語です。正しくはjump the gunなどのイディオムを使います。
Example!
A:Joyce, what should we name our kids when we have them ?
B:Don’t jump the gun,Daniel. We’re not even married yet !
(A:ジョイス、子供が生まれたらどんな名前にする?)
(B:早まらないで、ダニエル。私たちまだ結婚もしていないのよ!)

Q3の答え
→~を注意してみる。
「人の行動をきちんと見ておく」
「記録しておく」などの意味を持つイディオムです。
Example!
Sometimes I could use an assistant to help keep track of all the kids.
(子ども達みんなを見ておくのに、アシスタントが必要な時があるわ。)

皆様いかがでしたでしょうか??
イディオムの引き出しが増えると自分自身で話すことができる表現の幅が
グンッとアップすること間違いなしです!!
イディオムを使って話せるようになるとよりネイティブに近いやり取りもでき
更に自信がつきますよね☆★
是非、普段の英会話の中で沢山イディオムを使う意識をしていきましょう!(^^)!

無料体験のお問合せは…
■フリーダイヤル  0120-324-929
■NOVA草加校   048-924-4488

NOVA 草加校(埼玉県)校舎ページはこちら >>