「英語で道案内」・・・日頃これが一番必要になるんですよ!

A:  Excuse me, do you have time?
B:  Yes?
A:  Can you help me?  Do you speak English?
B:  Yes, a little.
A:  Good.  I want to go to this department store,
    but I don’t know how to get there from here.
    Can you please show me how to get there?
B:  Yes, we are here, so you can go straight and
   turn right at the end of the hallway.  It’s on your
   right.  There’s a big sign.
A:  Oh, thank you.  Thank you so much.
B:  It’s no problem.  Have a good day.

今日は道案内の話です。
国内で見知らぬ外国人と話す機会があるときはちょっとくらい道案内ができると役立ちますね。お店で働いている人は、外国人がお客として来店することもあるでしょうし、店内案内や支払い等で接客することもあるでしょう。インターネットが普及した現在でも、直接地元の人たちに○○への行き方教えてほしい聞いてくることもあるでしょう。

そんなときに、力になってあげられるのが英語を勉強している「あなた」です!
日頃英語を話していないと、とっさのときにスムーズに英語が出てこないのですが、旅行者も流暢な英語を求めてはおりません。

日本人は英語は苦手だ、ということも世界の常識になっているかもしれません。都会ならまだしも、いなかにいけば英語を話せる人は、ほんのひと握りの人たちでしょう。

流暢な英語でなくてかまいません。それより、「どこへ行きたいのか」を確認する、そこへの行き方(道順)を教えて上げること。そして本当にわかったかどうかを確認してあげることです。これは日本語なら普通にできるはず。英語での表現がわからないことがあっても、手があるでしょう。紙とペンがあれば、そこまでの道順を書いて、目印もつけてあげるとずいぶんと親切な道案内になります!

上手に英語を話せることは立派なことです。でも、できる範囲で英語を使って人の役に立つ。そんなことができるなら、あなたは立派な「英語のコミュニケーター」です。

NOVAではコミュニケーション能力もしっかり身につけます!
無料体験レッスンも随時お申し込み受付中!
ご来校お待ちしております!!

====================
英会話のNOVA   札幌アステイ校
フリーダイアル:0120-324-929
札幌アステイ校:011-231-7814
【月~金】10:00-22:00
【土日祝】10:00-20:00
====================

NOVA 札幌駅前校(北海道)校舎ページはこちら >>