⚽EURO2020から学ぶ英語表現①「悲しみを表す表現😭」⚽

こんにちは、NOVA京急川崎校です。

Football(サッカー)ファンのみなさま、月曜日のEURO2020決勝⚽「イングランド対イタリア戦」はご覧になられましたか?イングランド負けてしまいましたね。イギリス人だけどいつもはFootballに興味ないという講師でも、今回ばかりは朝4時起きで観ていたそうで悲しんでおりました。イタリアファンの方には、本当におめでとうございます!
イングランドにとっては初優勝まであと一歩でしたので、監督、選手のコメントもつらいものが多くございました。今週は、こんな時だからこそ学べるフレーズを少しずつご紹介してまいります🦁🦁🦁。

第1弾は「悲しみを表す表現」😭です。
「I’m sad.」だけでは足りない悲しみを表現する際に使えます。

It’s difficult to put into words.
ことばにするのが難しいです。

I’m devastated.
悲しみに打ちのめされています。

I’m gutted.
悲しみに打ちのめされています。

To get so close is really heartbreaking.
あと少しだっただけに、本当に悲しいです。

試合後の監督へのインタビューで、ほとんどの記者たちが質問の前に「(Many) Commiserations.(コミザレーションズ)」と言っていたのが印象的でした。日常会話では出てこない単語で、試合などで負けた時、しかも特にかしこまった場でかけられる言葉だそうです。 意味としては「残念でしたね」「お気の毒に」などの同情の表現になるそうですが、親しい人には使わないので、インタビューなどを観ると、こういう機会にしか聞かない言葉にも出会えますね。

今回は悲しみの表現をご紹介しましたが、こんな状況下でも次につながるポジティブな表現も多くありましたので、次回のブログではそちらをご紹介します。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*
川崎駅エリア・川崎区・幸区・大田区・鶴見区で、
大人・子ども英会話レッスンをお探しならNOVA京急川崎校
JR川崎駅・京急川崎駅どちらからもアクセス可能。
対面レッスン・オンラインレッスン、どちらも選べます。

まずはNOVAへお問い合わせ♪
★無料体験のご予約はこちらから★

無料体験レッスン

∩ ∩
( ´ θ ` )/ 
NOVA 京急川崎校
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区
砂子1-7-1 DK.Kawasaki ビル 2F
●フリーダイヤル:0120-324-929
●NOVA京急川崎校:044-244-4711
*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

NOVA 川崎校(神奈川県)校舎ページはこちら >>