海外豆知識★アメリカ大統領選挙

こんにちは!名古屋駅前校の森永です。

今回の海外豆知識は、アメリカ大統領選挙について。

ついにアメリカ大統領選挙の決着がついた!と思いきや
選挙に不正があったという主張もあり、、、と
政権移行にはまだ時間がかかりそうですが、
今後どうなっていくのでしょうか。

4年に一度のアメリカ大統領選挙が実際に
どんな仕組みなのかよく知らなかったので
これを機に調べてみました!!

 

①事前に「有権者登録」を行う必要がある!
選挙権があるのは、18歳以上のアメリカ国民ですが、
日本のように18歳以上になると、選挙権を得るわけではなく
戸籍や住民票が無いアメリカでは、不正が起きないよう
有権者登録という制度を設けているとのこと。

② 「票の数」ではなく、「選挙人の数」で決まる!
有権者の代表として「選挙人」が
各州の人口に応じて割りふられていて、
大半の州で、1票でも多く獲得した候補者が
州の選挙人をすべて獲得するという
「勝者総取りの方式」を採用しているとのこと。

よくニュースで目にしていた、
過半数の270人以上を獲得したら当選確実!
というのはこういうことなのですね。

 

また、民主党と共和党がありますが、どんな政党なのか?

民主党(バイデン派)は、リベラル
共和党(トランプ派)は、保守

といわれていて、

民主党は、大都市(ニューヨークなど)や
貧困層、人種的マイノリティーの支持者が多く
共和党は、農業地域や富裕層、白人や
キリスト教徒の支持者が多いとされております。

主な政策の違いとしては、
民主党は、増税して、貧しい人にも
国から援助できるようなシステムをつくる
共和党は、減税して、経済活性化を図る
というものがあります。

親しい間柄でない方とお話しする時
政治の話はタブーとされていますが、
知識として持っておくことは大切ですね!

ちなみに!NOVA LIVE STATIONなら
ニュース英語も扱っているので、
気になる話題を英語で見てみるのも
面白い&勉強になります✨

LIVE STATIONの詳細はこちら👇
https://www.nova.co.jp/livestation/

初月は特別料金でご提供しておりますので
是非おためしくださいませ!

★名古屋・中村区・名駅エリアの英会話ならNOVA名古屋駅前校★
JR・地下鉄・名鉄・近鉄・あおなみ線の名古屋駅が最寄りです!
校舎へのアクセスはこちら >>
説明会・無料体験レッスンお申し込みは
・フリーダイヤル:0120-324-929
・NOVA名古屋駅前校:052-451-9668

NOVA 名古屋駅前校(愛知県)校舎ページはこちら >>